無在庫転売をやってる方は今はかなり多くなって来ています。

特にリスクもほとんどなく在庫も持たずにお金が発生するからですね。

では、無在庫転売をやる上でのメリット、デメリットとはなんなのでしょうか。

基本的な転売の手法は安く買って、高く売るというので利益が出ます。

一般的な商売も基本的には同じですね。

無在庫転売はまず、仕入れをして在庫を持たなくてもいいので、仕入れの費用がかかりませんし、在庫を持つ必要もないというのが一番のメリットですね。

初心者の方は初めてのネットビジネスでは極力お金はかけたくないものです。

なので、ここまで無在庫転売が流行っていると思われます。

やり方としては、ある商品の画像を貼り、説明文を書き、メルカリやヤフオクに出す。

売れた場合に、その商品を注文し、購入者さんへ送ってもらうという流れです。

購入代金もかからず、送料もかからないので、かなり良いビジネスモデルですね。

では、デメリットは何かというと、

クレームに繋がりやすいということが言えます。

売れたら注文という流れなので、

注文しようとした時に在庫切れで買えなかったということが多々あります。

その際、購入者さんからクレームということになりますね。

他にもAmazonで注文して発送した時に、プライム商品でAmazonの箱で届いたとか、

領収書が入ってて安く購入して高く売ってるのがバレた等、様々なリスクがあります。

これは対策次第でなんとでもなるので、そこまで気にしなくてもいいんですけど。

無在庫転売にもこういった、メリット、デメリットがあるということは頭に置いておいた方がいいです。

次回は有在庫転売のメリット、デメリットについて書きたいと思います。